公益財団法人日本卓球協会 会員登録システム利用規約

利用規約

本利用規約(以下「本規約」といいます。)には、公益財団法人日本卓球協会(以下、「日卓協」と称す)が運営する日卓協会員登録システム(以下、「本システム」と称す)に関する、日卓協と関係当事者との間の権利義務関係が定められています。

本システムの利用に当たっては、本規約の全文をお読み頂いた上で、本規約に同意頂く必要があります。

第1条(定義)

本規約において使用する以下の用語は、それぞれ以下に定める意味を有するものとします。

  1. 「都道府県協会(連盟)」とは、日卓協に加盟承認された各都道府県を代表する卓球協会(連盟)をいいます。
  2. 「地区・支部」とは、都道府県協会(連盟)傘下の地区・支部の卓球競技団体又は団体をいいます。
  3. 「加盟団体等」とは、都道府県協会(連盟)及び地区・支部をいいます。
  4. 「チーム」とは、卓球競技に関するクラブ・チーム・サークル等(その規模を問いません。)をいいます。
  5. 「チーム責任者」とは、チーム所属者から委任を受けて、本システムを通じ、代表してチーム所属者の選手登録又は役員登録を行う者をいいます。
  6. 「チーム所属者」とは、チームに所属する者をいいます。
  7. 「会員」とは、本システムを利用して日卓協に対し選手登録又は役員登録の申請を行い、その選手登録又は役員登録が認められた者をいいます。
  8. 「本プライバシーポリシー」とは、本システムに登録された個人情報の取扱いに関し、日卓協が定めるプライバシーポリシーをいいます。
  9. 「本登録規程」とは、日卓協が定款第40条に基づいて定めた、選手又は役員の登録に関する規程をいいます。

第2条(適用)

  1. 本規約は、日卓協に対する選手登録及び役員登録及び本システムの利用に関する、日卓協及び加盟団体等と、チーム責任者、チーム所属者及び会員との間の一切の関係に適用されます。
  2. 日卓協に対する選手登録及び役員登録に関しては、本規約の他、日卓協登録規程、及び加盟団体等が制定した登録規程も適用されるものとします。

第3条(登録)

  1. チーム責任者は、本規約及び本登録規程に同意し、かつ本システムを通じて日卓協の定める一定の情報を日卓協及び加盟団体等に提供することにより、チーム責任者及び各チーム所属者について、日卓協及び加盟団体等に対する選手登録及び役員登録の申請を行うことができるものとします。
  2. 前項の申請をするに先立ち、チーム責任者は、各チーム所属者(ただしチーム所属者が未成年者であるときはその親権者。本項において同じ。)に本規約、本プライバシーポリシー及び本登録規程を確認させた上で、各チーム所属者から、下記の各事項について同意を取得する義務を負うものとします。万一、チーム責任者がこの義務を怠り、日卓協又は加盟団体等が損害を被った場合、チーム責任者は、その一切の損害を賠償するものとします。
  3. (1)本システムを通じ、選手登録又は役員登録の申請を行うこと。

    (2)(1)に際し、チーム責任者から日卓協及び加盟団体等に対して、各チーム所属者の個人情報を提供すること。

    (3)本規約及び本登録規程が、当該チーム所属者に直接適用されること。

  4. 日卓協及び加盟団体等は、日卓協及び加盟団体等の基準に従って、第1項に基づいて申請されたチーム責任者及び各チーム所属者につき、登録の可否を判断し、日卓協及び加盟団体等が登録を認める場合には、加盟団体等からその旨をチーム責任者に通知するものとします。
  5. チーム責任者は、前項の通知を受けた時は、通知を受けた時から14日以内に、日卓協及び加盟団体等が別途定める登録料を、加盟団体等が指定する支払方法により加盟団体等に対し支払うものとします。この支払の完了時に、チーム責任者及び各チーム所属者について、第10条に定める登録期間における選手登録又は役員登録の効果が発生するものとします。
  6. 本規約の他の規定にかかわらず、チーム責任者は、本条第1項に定める選手/役員登録申請の際、自らは選手/役員登録をしないことができるものとします。
  7. 日卓協及び加盟団体等は、チーム責任者が第4条に定める登録料の支払いを完了し、選手/役員登録の効果が発生した後は、その登録の返品又はキャンセルを一切受け付けないものとします。

第4条(責任者ID及びパスワードの管理)

  1. 日卓協は、チーム責任者に責任者IDおよびパスワード(責任者本人による利用であることを識別・確認するために発行する、責任者専用の文字列)を付与します。同一人物が複数チームのチーム責任者を兼任する場合は、該当チームごとに異なる責任者IDが付与されます。
  2. チーム責任者は、自己の責任において、責任者IDおよびパスワードを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
  3. チーム責任者の責めに帰すべき事由の有無を問わず、当該者以外の第三者が責任者IDおよびパスワードを使用したことにより、チーム責任者、チーム所属者もしくは会員に不利益または損害が生じた場合についても、日卓協及び加盟団体等は何等の責任も負いません。

第5条(登録申請の却下および保留)

  1. 日卓協及び加盟団体等は、登録情報に次の事由があると判断した場合には、登録申請の却下および保留ができるものとします。なお、これらの場合、日卓協及び加盟団体等は、その理由を説明または開示する義務を負いません。
  2. (1)偽名および他人名義による登録である場合

    (2)登録情報に虚偽、不足または事実との相違がある場合

    (3)過去に本規約、もしくは日卓協及び加盟団体等の登録規程に違反行為があった者、もしくは日卓協及び加盟団体等に損害または不利益を与えた者の登録である場合

    (4)登録情報の文字列が他者に嫌悪感を与えるもの、または公序良俗に反するものである場合

  3. 第1項により発生したチームもしくは会員の不利益および損害について、日卓協及び加盟団体等は何等の責任も負わないものとします。

第6条(登録の取消)

  1. 日卓協及び加盟団体等は、登録後に登録情報に次の事由があると判断した場合には、登録の取消ができるものとします。なお、これらの場合、日卓協及び加盟団体等は、その理由を説明または開示する義務を負いません。
  2. (1)偽名および他人名義による登録であった場合

    (2)登録情報に虚偽、事実との相違があった場合

    (3)過去に本規約、もしくは日卓協及び加盟団体等の登録規程の違反行為があった者、もしくは日卓協及び加盟団体等に損害または不利益を与えた者の登録であった場合

  3. 前各項の場合において、日卓協及び加盟団体等は、会員から受領した金銭の払戻しは、一切行わないものとします。
  4. 第1項により発生したチーム責任者、チーム所属者もしくは会員の不利益および損害について、日卓協及び加盟団体等は何等の責任も負わないものとします。

第7条(登録情報の変更)

  1. 会員は自身の登録情報に変更が生じた場合、速やかにチーム責任者に申し出をし、チーム責任者は日卓協及び加盟団体等の所定の方法にて、速やかに日卓協及び加盟団体等に届け出るものとします。
  2. その他の登録情報に変更が生じた場合、チーム責任者は速やかに日卓協及び加盟団体等所定の方法にて、日卓協及び加盟団体等に届け出るものとします。
  3. 前各項の届出をしなかったことより発生した不利益および損害について、日卓協及び加盟団体等は何等の責任も負わないものとします。
  4. 登録情報の変更に際し、変更後の情報を前提とした登録料が、変更前の情報を前提とした登録料より高額である場合は、その差額分の登録料納入をもって日卓協及び加盟団体等の登録情報の変更完了とします。
  5. 登録情報の変更に際し、変更後の情報を前提とした登録料が、変更前の情報を前提とした登録料より低額である場合でも、日卓協及び加盟団体等は、その差額分の払戻しを行わないものとします。
  6. 登録申請の承認後、日卓協及び加盟団体等は何らかの理由により、チーム名称等の変更を依頼する場合があります。

第8条(チームの脱退及び所属先からの脱退)

  1. チーム責任者は、日卓協及び加盟団体等の所定の方法にて届け出をすることにより、日卓協及び加盟団体等からチームの脱退を申請することができます。チーム責任者がチームの脱退を申請し、日卓協及び加盟団体等がこれを受理した場合、その時点で、そのチームに属する全ての会員について、選手登録又は役員登録の効果が失われるものとし、会員はこの取扱いに予め同意するものとします。なお、脱退しても、本システムに登録情報は保管されます。
  2. 会員は、チーム責任者を通じて日卓協及び加盟団体等所定の方法にて届け出ることにより、所属先のチームから脱退を申請することができます。会員がチーム責任者を通じて所属先からの脱退を申請し、日卓協及び加盟団体等がこれを受理した場合、その時点でその会員について、選手登録又は役員登録の効果が失われるものとし、会員はこの取扱いに予め同意するものとします。なお、脱退しても、本システムに登録情報は保管されます。
  3. 前各項の場合において、日卓協及び加盟団体等は、会員から受領した金銭の払戻しを、一切行わないものとします。

第9条(登録期間)

本システムによる選手登録及び役員登録の有効期間は下記のとおりとし、下記の有効期間に限って選手登録及び役員登録の効果が生じるものとします。なお念のため規定すると、下記の有効期間は、自動的に更新されることはなく、会員が翌年度も選手登録又は役員登録を望む場合には、その所属するチームのチーム責任者が、第3条の規定に従って再度登録を行う必要があるものとします。


  1. 第2条第4項によって登録料の支払が完了した日(以下「支払完了日」といいます。)が2月1日から3月31日までの場合
  2. 選手/役員登録の有効期間は、その年の4月1日から翌年の3月31日までとします。

  3. 支払完了日が4月1日から12月31日までの場合
  4. 選手/役員登録の有効期間は、支払完了日から翌年の3月31日までとします。

  5. 支払完了日が1月1日から1月31日までの場合
  6. 選手/役員登録の有効期間は、支払完了日からその年の3月31日までとします。


第10条(本システムの中断、停止)

  1. 日卓協は、以下に該当する場合、チーム責任者および会員への事前通知、承諾なしに、本システムの内容の一部または、全部を停止または中断する場合があります。
  2. (1)本システムの定期保守、更新ならびに緊急事態発生の場合

    (2)火災、停電、天災等の不可抗力その他不測の事態により、本システム運営継続が困難になった場合

  3. 上記事態などに伴い、チーム責任者および会員に不利益、損害が生じた場合であっても、日卓協及び加盟団体等は、その責任を免れるものとします。

第11条(本システムの内容の変更、中止)

  1. 日卓協は、チーム責任者および会員への事前通知、承諾なしに本システムの内容を変更、または中止する場合があります。
  2. 前項に基づき、本システムの内容を変更、または中止した場合にチーム責任者および会員に不利益、損害が生じた場合でも、日卓協及び加盟団体等は、その責任を免れるものとします。

第12条(個人情報の取扱い)

本システムに登録された登録情報の取扱いについては、本規約に定めるもののほか、本システム利用時の本プライバシーポリシーおよび本会規程「個人情報保護関連規程」が適用されるものとします。


第13条(本規約の変更)

  1. 日卓協及び加盟団体等は、チーム責任者、チーム所属者および会員の了承を得ることなく、本規約を変更することができるものとします。
  2. 本規約の変更は、変更後の本規約が本システム内に表示された時点で効力を生じるものとします。
  3. 本規約の変更後に、チーム責任者、チーム所属者および会員が本システムを利用しもしくは閲覧した場合、変更後の本規約に同意したものとみなされるものとします。

第14条(免責)

日卓協及び加盟団体等は、理由の如何を問わず本システムが遅延し、又は中断したことに起因してチーム責任者および会員又は第三者が被った被害について、一切の責任を負わないものとします。


第15条(合意管轄)

本システムに関して、日卓協と、チーム責任者、チーム所属者もしくは会員との間で訴訟の必要性が生じた場合は、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。


第16条(準拠法)

本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては日本法が適用されるものとします。